【いつみ屋】激辛ラーメン(味噌)

Pocket

この日訪れたのは「いつみ屋」。

住所は山梨県南アルプス市下今井348-2 オークガーデン 1F。

開国橋側から行くと、先日訪れた「生そば 風鈴」を過ぎた右手にありました。

私は一時期宮川病院がかかりつけだったので、妙に親近感を覚えます(笑)

思ったより近かったこともあり、開店前に到着。

この日はギリギリまで「バガボンドJr」の唐揚げ定食を食べにいくかで迷っていたので、混まなくて良かったです。

 

メニュー情報

今回頼むのはランチパスポート掲載の激辛ラーメン(味噌)。

ですが、その前にメニューチェック。

豚骨醤油が看板メニューですが、醤油・味噌・塩と基本三種が揃っています。

味噌も、醤油と塩と同一の価格というのは味噌好きとして嬉しいですね。

一般的に味噌だけ100円ほど高いことが多いので。

 

商品紹介

こちらが激辛ラーメン(味噌)。

具はほうれんそう、のり、チャーシュー、辛もやし。

豚骨醤油に辛もやしが追加されてる感じでしょうか?

見た目はあまり辛そうではありません。

麺は中太麺。

いい感じです。

 

食べてみての感想

スープだけを飲んでみると意外と辛い。

見た目は味噌ラーメンの茶色ですが、しっかりとした辛さを感じます。

唐辛子の赤色が見えないですけど、ブート・ジョロギアとか、そうした材料を使用しているのかもしれません。

辛さの質も普通の唐辛子とは違う印象です。

 

実は店内には激辛ラーメンは地獄の入口との表記があり、食べられる味なのか少々不安を感じていたのでした。

その点このくらいなら私でも食べられるので、安心しました。

食べる人を選ぶ激辛系をランチパスポートの対象にすることはチャレンジャーな気がしますが、夏だからこその激辛ですし、差別化させる意味でも意外とありかもしれませんね。

 

個人的に気になるのはスープの温度。

作り置きしてるわけでもないのに、微妙に熱々さに欠けています。

むしろ麺の温度の方が高いくらい。

ひょっとしたら私が最初の客だったので十分にスープが温まりきらなかった可能性もありますが、ちょっと改善して欲しいですね。

 

総括

ばっちり完食。
ラーメンを食べる頻度が上がってから腹周りがヤバい事になっているのですが、スープを飲み干すのは止められません。

 

今回の激辛ラーメン自体は美味しかったですけど、以前訪れた「麺屋 葵」に加え、今回の「いつみ屋」で食べてみて、横浜系はちょっと自分の好みではないように思えました。

どうも横浜系のウリである豚骨の部分があまりマッチしないみたい。

豚骨自体は好きなんですけどね。

やはり私はシンプルな味噌が好きなようです。

 

とはいえ、今回の来店で、今まで知らなかった「いつみ屋」のことを知れたので、それだけでも十分な成果があったと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です