【ばんから 竜王バイパス店】氷結ミゾレつけめん 2017.6/16

Pocket

この日訪れたのは「ばんから 竜王バイパス店」。

昨日に引き続き平日ランチとなります。

すでに何度か来訪していますが、今回はランチパスポート目当てでの来訪となります。


住所は山梨県甲斐市富竹新田1922。

20号バイパスのヤマダ電機とデイリーヤマザキの間ですね。

視認性が良いので、入ったことは無くても見たことある人は多いのではないでしょうか?

 

メニュー情報


こちらは券売機で食券を買うスタイル。

どうやら一番人気は角煮ラーメンのようですね。

ホルモンラーメンなどオーソドックスなラーメンより変わり種が目立ちます。

 

ちなみにランチパスポートの対象になっているのは氷結ミゾレつけめん。

通常850円が540円となります。


平日だと200円で、こんなサイドメニューが追加可能です。

ここのラーメンは味が濃いので、ご飯を欲しくなる人は多そうな感じ。

 

商品紹介


こちらが氷結ミゾレつけめん。

画像だと麺の上にかかっているのがチーズにも見えるのですが、氷(ミゾレ)です。

何も知らないでいるとふざけてるのかと勘違いしそう。

スープはばんから定番の魚介とんこつ。

あまり厚くはないですが、チャーシューもスープに沈んでいます。


麺は中細麺ってところですかね?

脂ドロドロのスープをウリにした店ではないので、このサイズが妥当です。

 

食べてみての感想

久しぶりに食べたばんからの魚介とんこつは甘みを感じるスープ。

こってりはしていないけど、スープ自体は濃い目。

当時はスープの濃さがあまり好きになれなかったのですが、今食べてみると脂ギトギトでない分食べやすくてかなり良い感じ。

加えてスープが熱くて、しっかり麺が温まるのが嬉しい。

すっかり陽気は夏ですが、それでもラーメンは温かい方が好きです。

 

ミゾレはただの氷にあらず。

魚介スープなり。

これを冷めてきたスープに入れてさっぱり味に変えて食べきるというのが当初のコンセプトらしいのですが、量もそんなに無くて、味変には至らず。

というか最後の方はミゾレが溶けきって水になってしまい、麺から出た水のように。

スープに入れては見たものの、スープの温度を微妙に下げた程度で、あまり効果はないように思えました。

 

総括


完食。
スープは味が濃いので、残しました。

あと健康を多少は考えてです。

 

冷製のつけめんでなく、ミゾレを入れて味、温度を変えるというコンセプトは面白いと思います。

しかし、それが徹底されておらず、中途半端な代物に終わってしまっているのは残念。

突きつめるならミゾレは別皿で、量を多くして、もっとキンキンに冷やすなどして欲しいです。

そうすれば熱さも、冷たさも楽しめる面白いラーメンになるはず。

元々のばんからの味は良くて基本的な部分は満足できたので、その一歩を踏み出して欲しい。

 

発想が良かったのでもう一声!の気持ちが出てしまいますが、

基本はばんからのつけめんなので、美味しく頂けました。

どうやら私の中だと魚介とんこつ>脂ドロドロ系ということのようですね。

魚介とんこつはあまり食べないジャンルだけに今後はそちらも意識してみることにします。

 


関連ランキング:ラーメン | 竜王駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です