【達磨家】ジンギスカン定食 2017.8/12

Pocket

この日は先日お休みだった「お肉酒場じゅうはち」へ。
ところが店頭の張り紙の閉店期間が“8月10日→20日”に訂正されていて、またしても休み。
そりゃないよ~

 

そこで「紅梅や」に行こうとするもクチコミで量が少ないとのことだったのでパス、「一刀斎」行ったら定休日でこれまた休み。
困った末に今回は「達磨家」を訪れました。

住所は山梨県甲府市丸の内1-13-9 かねた駐車場ビル 1F。
ランチパスポートで店の存在は確認していて、北口にあると思っていたのですが、南口にあったのですね。
地図だと北口から下った位置に書かれていたので、南口という発想はありませんでした。

 

メニュー情報

ランチパスポートの対象店ですけど、お盆中は利用不可とのことで、使えないだろうとパス。
実際は13日からだったので、使えたのですが…
まぁ仕方ありません。

 

以前から気になっていたラムカレーを頼もうかと思ったものの、店内の先客がジンギスカン用の鉄板で肉を焼いているのを見たら、そちらを頼む方が王道だなと思い直し、今回はジンギスカン定食を注文。
お値段850円です。

 

商品紹介


こちらがジンギスカン定食。
ラム肉に野菜、スープとライスという組み合わせ。
カウンター席のテーブルにはくぼみがあり、外で火をつけた七輪をそこに設置してくれます。

 


焼肉と違い、ラム肉はブロック肉状。
厚切り肉と言う方が正確でしょうか?

 

食べてみての感想


最初に肉は真ん中で焼いて、野菜は周りの部分で焼いてくださいと説明してくれましたが、なにせこの手のジンギスカン鍋を使うのは初。
カウンターということもあり、ミスはないか、この焼き方で正しいのだろうかと不安でおろおろしてしまいました。
スタッフの前だと動揺を隠せませんね…

 

肝心のラム肉は臭みもなく、新鮮そのもの。
ラム肉を使用しているので当然と言えば当然ですけど、豚や牛よりクセがないかも。
少しだけ乳の匂いを感じましたが、ほのかに香る程度で、非常に食べやすかったです。
逆にもう少し個性があっても良いかなとも思いましたが、マトンまでいくとさすがにクセが出すぎているので、やっぱりこれが一番羊肉を美味しく食べられる状態ですね。

 


タレは甘辛い味を想像していたら、甘さは無い醤油ベースのタレでした。
肉自体が美味しいので、変に強いタレより、こちらの方が素材を活かしてくれます。

 

総括


完食。

 

初回で食べ方が分からないというのがかなり辛かったです。
一度に野菜は全部焼くべきなのか、脂はそのまま鉄板に残しておくのか等悩みがつきませんでした。
あと“同料金でお肉追加できます!というのも個人的に混乱。
「生そば ふうりん」のそば3玉まで同一料金で追加可能と同じに思えてしまい、肉がタダで追加可能ってこと?とずっと考えていました。
多分肉1皿より割安なのだろうと考えたのですけど、それなら同じ定食1セット追加すればそちらの方がコスパ良いですね。
やっぱり謎です…損したかな?

 

料理自体は素晴らしく、羊肉の美味しさを広めたいという心意気を感じたものの、落ち着いて食事ができなかったのは事実。
これなら手順の関係ないラムカレーの方が良かったかも。
今度はきっちりルールだったり、手順を把握してから訪れたいと思います。

 

関連ランキング:居酒屋 | 甲府駅金手駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です