【豚屋とん一 イオンモール昭和店】とんテキ定食 2018.5/18

Pocket

この日訪れたのは「豚屋とん一 イオンモール昭和店」。
先日まで気付いていなかったのですけど、こちらはチェーン店。
運営会社はトリドールホールディングス。
あまり外食産業に詳しくない人のために解説しておくと、トリドールホールディングスは「丸亀製麺」を運営している会社です。
元々焼きとり屋だから“とりどーる”の名称なのは有名な話。


住所は山梨県中巨摩郡昭和町飯喰1505-1 イオンモール甲府昭和 3F
フードコートの一角で、以前は「ポムの樹Jr.」が入っていた場所になります。
現在は「王記厨房」の隣りで、一番端の位置になりますね。

メニュー情報


かつ丼、豚テキを看板に掲げるだけあってメニューも基本的にはそのバリエーション。
海老フライがやや異色に見えます。
ここに掲載されているメニュー以外にも580円のかつ丼などがあります。
安い価格のメニューを隠すのはちょっとずるい気がします。
まぁマクドナルドなんかもやってはいますが。

 

今回は初訪問なので、とんテキ定食を注文。
とんテキ丼と悩みましたが、丼は量が少なそうだったので、100円の差なら満腹にならない可能性のあるものより、満腹になるだろうものを頼んだ方が良いだろうと。
お値段は890円(税別)

料理紹介


こちらがとんテキ定食。
とんテキに、ご飯、味噌汁がついてます。
漬物は自由に取れるので、もらってきました。


とんテキは7カット。
たっぷりの千切りキャベツの上に乗っています。

 

注文前にネットで調べてボリュームたっぷりという解説がなされていたのですが、正直商品が届いた瞬間は少ないなと感じました。
豚テキは豚バラを乗っけただけのようでしたし、ご飯等の盛りも決して多くない。

食べてみての感想

食べてみると、甘辛い味付けが絶妙。
甘辛い味付けというと醤油と砂糖を使っていて、後者の比率が高いため、たいてい粘度の高いソースなのですが、このソースはさらっとしていながら甘辛い。
千切りキャベツにからめて食べるだけでもご飯が進みます。
気にいる人がいるのも納得できる味です。

 

豚肉は思いのほか柔らかいですね。
角煮とかまではいきませんけど、脂身のほとんどない状態で、この柔らかさは特筆に値します。
何か酵素とか使っているのでしょうか?
豚テキというと硬い肉のイメージがあっただけに認識を覆される食感でした。

総括


完食。

豚テキ自体の味は良いです。
ただ、コスパ的にはあまり良いとは思えませんでした。
例えばカツ丼チェーンの「かつや」はワンコインでもっとお腹いっぱい丼が食べられますし、男性をターゲットにした店なら個人経営店でも700~800円出せばお腹いっぱいになるほど食べることができます。
トリドールであっても看板店の「丸亀製麺」なら格安でうどんが食べられます。
そうした認識があるだけに、1,000円でこの量というのは期待はずれ。
せめてご飯お代わり無料のサービスは欲しかったです。

 

あとライブ感を大事にするということで客前で調理をすることにこだわっていますが、結局それが客の回転率の悪化に繋がっており、すぐに行列してしまうのも欠点。
油脂のようなものを鉄板で溶かしてソースに混ぜていて、個人的には食欲にマイナス作用したのも頂けません。
豚テキなんかは厨房で作って、普通に提供してくれるだけで十分ですよ。

こんな感じで作ってはくれるのですが…

 

リピートする可能性がないわけではありませんけど、チェーン店にこの価格を出すなら他の店で良いかな。
から揚げや、かつ丼は割と美味しそうだったので、そちらを試してみるのもありかもしれません。
少なくともとんテキ定食は一回で十分です。

関連ランキング:かつ丼・かつ重 | 常永駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です