【北斗辛軒 甲府店】漢のブラック汁なし坦々麺 2018.5/19

Pocket

この日訪れたのは「北斗辛軒 甲府店」。
石和本店にも訪れたことがあり、その際はじきに潰れるだろうと思ったものです(苦笑)
それが今では2号店を出しているのですから、予想なんて当たらないものですね。


住所は山梨県甲府市中央1-6-4 甲府グルメ横丁
グルメ横丁内にあるので、道を歩いているだけだと見つからないことに注意。
飲み屋街にあるだけあって基本的に夜向けの店ですけど、日曜以外は昼間も営業しているので不安にならずに探してみると良いと思います。

メニュー情報


メニューは石和店とほぼ同一と思われますが、こちらには日乃屋カレーがありません。
今現在は石和店の方でもあるか不明ですが…。
近隣店舗とのコラボ「天下鳥ます」の唐揚げが気になるところ。

今のシーズンは冷やしメニューもあるみたいです。

今回はランチパスポート掲載メニューの漢のブラック汁なし坦々麺を注文。
780円が割引されて540円

料理紹介


こちらが漢のブラック汁なし坦々麺。
食欲をそそるとは言い難いですけど、インパクトはあるビジュアルです。


麺は中太麺くらい。

食べてみると、辛さは全然無し。
別添えでラー油があるとはいえ、それはあくまで調整用で、基本的な辛さは備えているものだと思っていたので意外。
肉味噌にいたっては甘い味付けがなされていました。
黒い色の正体は黒芝麻醤(チーマージャン)。
黒色ということもあって、苦みがあったりするかなとも思いましたけど、全くそうした味わいはありません。
黒芝麻醤ということは知らなかったので、イカスミの黒かな?とか頓珍漢なことを考えてました。

 

別添えのラー油をかけると坦々麺らしい辛さに。
このラー油が香り高くて、なかなかに美味しい。
辛さを強くするためにも、正直もっと量が欲しかったくらいです。
辛さが加わって刺激的な味になったところで、小海老の弾力に、肉味噌の甘み、ネギのシャキシャキ食感が混じり合って、見事な食感と味わい。
汁無しタイプはこの食感の妙を楽しみながら、美味しく頂けるのが良いですね。

総括


完食。

 

黒ということでもっときつい味わいを想像していましたが、意外と大人しい味わいでした。
ラー油も香り高くて、既製品とは一味違います。
昔石和本店で食べた時、これじゃダメだろうなと思ったのが嘘みたい。
日曜昼間が休みなのがネックですけど、土曜日なら来訪できますし、気になる坦々麺がリリースされたらまた来訪予定です。

関連ランキング:ラーメン | 甲府駅金手駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です