【ひでずし】焼きサーモン丼 2018.6/10

Pocket

この日訪れたのは「ひでずし」。
ランチパスポートの常連店ですが、未だに訪れていなかったので、初訪問です。


住所は山梨県甲府市大里町1871
私が来訪したことのある店だと「ヘルシーレストラン パセリ」や、「インド・ネパールレストラン マハラジャ」と同じ通りにあります。

 

開店時間3分過ぎに着くと準備中の札が出ていたので一抹の不安がよぎったものの、その後店主が出てきて立て看板を下げてくれたので安心して入店。
待っている間に後から来た男が先に入店して少しイラっとしました。

メニュー情報


通常時のランチメニューも1,000円の手ごろなものが多くて、良い感じです。
二色丼は組み合わせ次第で無数の楽しみ方ができそう。
ひでちらしも気になります。


こちらの店ではなんとランチパスポート用のメニュー表まで用意。
今回の対象メニューは二種類のはずですが、まさかの裏メニューも用意されていました。
裏メニューはネバネバ丼。
前にもランパスで登場したことがあったような、なかったような?
なんにせよ、選択肢が多いのは良い事です。

 

なお、頼んだのは焼きサーモン丼
やはり焼き要素があるほうが好きなので。
お値段1,000円が割引されて540円

料理紹介


こちらが焼きサーモン丼。
焼きサーモン丼のほかにみそ汁、漬物がセットになっています。

 

食べてみての感想


焼きサーモン丼はサーモンの下にマヨネーズが敷いてあり、ご飯には特製タレが仕込まれています。
特製タレは穴子を煮つけるのに使っているものでしょうか?
もっとも甘さはほとんど感じず、醤油のように塩気も強くない絶妙さ。
まさにご飯を食べ進めるためのタレですね。
マヨネーズをサーモンの表面でなく、下に敷くことに主人の職人センスが伺えます。

 

サーモンは焼きの要素はほとんど感じず。
もっともそれが不満になることもなく、柔らかくてクセのない味わい。
以前石和町で食べた「鮎川寿し」のハラスを思い出しました。
サーモンのタタキとアボカドもクセがほとんど無くて、食べやすいです。

 

とりわけよかったのはとびこ。
ご飯に仕込まれていて、それがぷちぷちぷちぷちと心地よい食感。
量が多いわけではないですけど、満足度十分で、センスのある仕事してるなと感じましたね。

総括


完食。

 

満足度の高い一食でした。
惜しむらくはサーモンを真空パックのようなパックから取り出していたこと。
寿司屋だけに市場で仕入れたものを扱っていて欲しかったかなと。
もっとも、それだとこれだけクセのないサーモンは提供できないかもしれません。
便利だし、仕方のない側面はあるにせよ、雰囲気としてマイナスになってしまっていましたね。
味付け、盛りつけのセンスは優れていると思うだけにそこが本当にもったいない!

 

なお、店内は寿司グッズが置かれていて、そういう点は良かったです。
こんなのもありました。


湯のみは寿司ダネイラスト、時計も寿司時計!!
子供が喜びそうです。

 

比較的気軽に行けるので、また利用しようと思います。

関連ランキング:寿司 | 国母駅甲斐住吉駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です