【インドカレー ミラン】Bランチ 2018.7/8

Pocket

この日訪れたのは「NAP bed and lounge」。
ハンバーガーマニアとしては食べなければならない!と思い、やってきました。
ところが、こんな張り紙が。

 

代わりに訪れることになったのは「インドカレー ミラン」。
「NAP bed and lounge」は裏通りですが、「ミラン」はその表通りにあり、探索中にここにあったのかといずれ来ないとと思ったお店です。
いずれの訪れがあまりにも早かったですね(笑)


住所は山梨県甲府市中央4-3-25
メガネスーパーの向かいにあります。
数台分ですが、駐車場もあって親切です。

メニュー情報


ランチはA、B、Cの3種類。
内容は対象となるカレーが違うのと、付属するサイドメニューが微妙に違います。
Bランチはチキンティッカ、Cランチはシークケバブが付きます。
(Aランチには付属無し)

 

今回はもっともコスパの高いBランチを注文。
お値段800円
Aランチが750円で、Bランチが800円ならBにするしかありませんよね。
カレーはバターチキン、スパイシーチキン、マトンから2種類を選べるので、
バターチキンとマトンを選択。
辛さは普通で、飲み物はマンゴーラッシーをお願いしました。

料理紹介


こちらがBランチ。
ナンかライスでなくて、ナンとライスが付いているのが珍しいです。
ちなみに注文時に言えば片方だけの提供にすることも可能。
(おかわり自由なので、その分ボリュームが減る心配はありません)

食べてみての感想


マトンカレー。
ルーの風味や味わいはバイキング形式のインドカレー屋に近いです。
マトンはスパイスで癖が隠されてますが、肉が硬め。


バターチキンカレー。
トマトを使っていて、甘みのあるルーなのが特徴。
マトンカレーと比べると、味の違いが良く分かり、私は断然こちらが好みでした。


ナンは甘みはほとんど感じないタイプ。
ナン内部も空洞が少なく、パンって感じが比較的強いですね。


こんなお勧めの食べ方があったので、チキンティッカはナンの上に、サラダを乗せて、巻いて食べました。
チキンティッカはもっとスパイスを利かせて欲しいぐらいのマイルドさ。
万人向けですが、無個性的な味わいです。

 

さらにランチセットはAランチのカレーがおかわり自由ということで、追加でカレーを頼みました。


キーマカレー。
さらさらスープに挽肉が入っています。
粘度がほとんどなく、ドライカレー状が好きな私好みではないかな。


豆カレー。
ルー自体はマトン、キーマと同じっぽいですね。
まぁ豆が具ですとしか(笑)

総括


完食。

 

バターチキンカレーが非常に美味しかったです。
わずか50円の差でこちらのカレーが選べるなら、絶対Bランチを頼むべきでしょう。
それ以外はバイキング形式のインドカレー屋と同水準なので、ちょっと魅力に欠けるかも。
おかわり自由でなくて良いから、たっぷりバターチキンカレー食べたいなと思ってしまいましたね。

 

もっとも、こちらのお店で評価すべきは料理の味以上に接客。
フレンドリーな感じの人が色々情報教えてくれるので、頼りになります。
辛さは大丈夫ですか~?とか、水の残量を気にかけてくれたり、何と言うかカフェっぽい。
まぁ私はあまり気に掛けられすぎるのが苦手なんですけど、頑張っている感じがして応援したくなりますね。

 

甲府の街中にはインドカレー屋は少ないですし、日曜でもお客さんが訪れていて、すっかり地元に根差している感じです。
街中でインドカレーが食べたくなった時には良いですね。

 

関連ランキング:インドカレー | 金手駅甲府駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です