【ヒノマルステーキ 甲府店】ピリ辛マヨ牛スジ丼 2018.7/19

Pocket

この日訪れたのは「ヒノマルステーキ 甲府店」。
ずっと来てみたいなと思っていたのですが、私の許容するランチ価格と乖離があった為、なかなか来れませんでした。
ランチパスポートにも載っていたのですけど、平日限定で来れなかったので。
ようやく来れて感無量でございます。


住所は山梨県中巨摩郡昭和町清水新居1048-5
アピオの横を甲府方面に向かおうとすると店舗が見えます。
「喫茶マリーエ」さんの傍ですね。

メニュー情報




メニューはこんな感じ。
うん、ランチ用に1,000円以下のものもありますが、総じて1000円台後半ですね。
いきなりステーキも決して安くは無いと思うのですけど、あれも安い部類扱いとなるとこれくらいの価格体系がステーキ屋の標準になるんでしょうね。
なんかステーキでも1000円ぐらいの感覚でいる身としてはカルチャーショックというか(苦笑)
ステーキは晴れの日と言われる意味が理解できます。

 

さて、今回頼むのはランチパスポート掲載メニューのピリ辛マヨ牛スジ丼
お値段864円が割引されて540円

料理紹介


こちらがピリ辛マヨ牛スジ丼。
日替わりスープが付いています。

食べてみての感想


食べてみると風味はお好み焼き。
青ノリ、紅ショウガ、コーン、マヨといった具材の組み合わせが既視感を覚えさせます。
一方、味付けは牛丼に比較的近いです。
玉ねぎと一緒に煮込まれており、ほんのりした甘さが牛丼をイメージさせるんですよね。

 

牛スジだけあって肉自体はグレード的に一般的な肉より格下。
しかし、しっかり煮込まれていることで口の中でほぐれて、十分な商品価値を保っています。
漫画「美味しんぼ」で牛スジは手間さえかければ美味くなると解説されていましたが、それを実感できます。

 

ピリ辛と商品名はあるものの、辛さはほとんど感じませんでした。
牛丼に七味かけたより辛くないかもしれません。
でも、それだけに辛いものが苦手な人でも食べられる味に仕上がってました。

総括


お腹が空いていたこともあり、あっという間に完食。

 

まぁこれを食べたからといってヒノマルステーキさんの味が把握できたとは思っていません。
牛スジメニューはサイドメニューでしかありませんし、看板のステーキも、ハンバーグも食べていないのですから。
いつか食べたいと思いつつも、果たして1000円台後半のメニューを食べるのはいつになることやら。
「玄品ふぐ」より後になるかもしれません。
また、食べに来られる日を楽しみにして、今日のところは〆とします。

 

関連ランキング:ステーキ | 国母駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です