【ラーメン ポール亭】全部乗せ・二郎ラーメン 2020.2/23

Pocket

この日訪れたのは「ラーメン ポール亭」。
以前から知ってはいたものの、店がどこにあるのかよく分からず、ウリも分からなかったので未訪問でした。
しかし、二郎系のラーメンがあることを知り、夕食にならちょうど良いなということで訪問してみることにしました。


住所は山梨県甲斐市中下条1232-1 中込ビル 1F
以前は別の場所で営業されていましたが、移転して再オープン。
「あじはなラーメン」があった場所なので、駐車場も広く、断然分かりやすくなりました。

 

【駐車場】


店舗前に6台ほどと、一段下った場所にも複数台置けますので、合計で15台くらいは停めれるのではないかと思われます。
店のキャパシティより多いので、安心できますね。

 

【店内の様子】



「あじはなラーメン」の居抜き物件ですので、再オープンながら店は古めかしいです。
カウンター席主体で、8席ほどと、4人座れるテーブル席が一組。
複数人訪問するより少人数で訪れる方が良いタイプです。


店の片隅には神棚がありました。
「あじはなラーメン」の名残のような気もしますけど、今でもきちんとしているところをみると「ポール亭」店主が設置したものという可能性も否定できません。
「あじはなラーメン」の時に訪問した際には見た記憶がありませんし。

 

【メニュー情報】



現在は二郎系、マゼそば、豚骨ラーメンの三種類がメインとなっています。
これに加えてたまに限定メニューが加わるみたい。
twitterでフォローしていると情報が流れてくるので、そちらもフォローしておくのがお勧め。
前の店舗の際はカルボナラーラ系のラーメンがあって、それを食べてみたかったことを思い出しました。

 

【今回の注文】

今回は当初述べた通り全部乗せ・二郎ラーメンをチョイス。
通常の二郎ラーメンだとトッピングに何が乗っているか分からなかったことと、券売機前で慌ててしまったこともあり、トッピング全部乗せを選んでしまいました。
お値段950円
まぁ1,000円を予算めどにしていたので、あまり気にしないで頼めてしまいましたね。


ちなみに二郎ラーメンは味が4種類から選べます。
①煮干し、②豚骨、③カツオ、④味噌
当然私は味噌好きなら④の味噌で。
番号を聞かれますので、番号を伝えましょう。
さらにニンニクか、ショウガか、野菜の量を200gにするか、300gにするか聞いてくれます。
今回はニンニク→野菜は300gで注文しました。

 

【食べてみての感想】


こちらが全部乗せ・二郎ラーメン。
麺の上にはもやし300g、チャーシュー2枚、レアチャーシュー、味玉、のり2枚が乗っています。
追加トッピングは後乗せって感じがするので、全部乗せでない方が見た目は整っているかも。


麺は平打ちタイプです。

食べてみると、意外と麺は硬くなく、柔らかめ。
スープも塩辛いかと思いきや、まろやかというか、塩味がとがっていない。
私の認識している二郎ラーメンとは別物です。
私は「二郎冠者」の二郎ラーメンしか食べたことがないので本来の二郎ラーメンに近いのがどちらかは分かりませんが、イメージが大分違います。
茹でもやしもくたっとしている感じで、バリバリ食べすすめる感じではない。
スープの味よりもニンニクの味が一番強くて、それをベースに食べてる印象です。
味噌もこれまで食べてきた味噌味の中では一番主張が大人しめ。


追加トッピングでない方の既存の2枚のチャーシューはボロボロしていて結構好き。
レアチャーシューは元々好きではないので、特に感想なし。
味玉は味が濃い感じではなく、丸々一個乗っているので食べにくい感じでした。

 

【まとめ】

完食。

本物の二郎ラーメンを知らないので何とも言えませんが、二郎系に限らず塩味の強い味に慣れているので、ちょっと違うなぁと。
乳化させた豚骨スープが好きな人には良いと思いますけど、私は特別そうしたスープが好きなわけでもないので。
ひょっとしたら別のスープの方がダシが効いていて美味しいのかもしれません。

立地的に考えると「我流」が同じ通りにありますし、味的には「二郎冠者」の方が合うということで、個人的にはあえてこちらの店を優先的に訪問する機会は少なくなりそうです。

関連ランキング:ラーメン | 竜王駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください