【成屋】濃厚北海味噌ラーメン 2020.3/14

Pocket

この日訪れたのは「成屋」。
当初は「中華そば 秋山」に行ってみようかと思ったのですが、どうやら混雑必死の店の模様。
雨だったこともあり、雨の中外で待つのは嫌だなと。
それなら一度も行けていない「成屋」さんに行ってみようということになりました。


住所は山梨県笛吹市一宮町地蔵堂191
バイパス20号を石和方面に進み、笛吹浅間人社を過ぎたちょっと先にあります。
「成屋」さんと言えば昔からあるお店ですが、あちこち移転することで有名。
そのため移転したのか、閉店したのかよく分からなくなりますが、現在はこの場所に落ち着きました。
いつまでここにあるかは分かりません(苦笑)
私の記憶の中では甲府駅南口と、現在の「やまさんラーメン」だったかの場所にあったことが残っています。

【駐車場】


駐車場は店舗前に10台ほど。
横の位置に停めて良いのか分かりませんが、もう少し大丈夫かな。
20号沿いということでアクセスしやすくなったこともあり、昼時はなかなか盛況。
複数人で乗り合わせない組があるとちょっと苦しくなる場合もあるかもしれません。

【店内の様子】


店内は複数人向け小上がりと、4人掛けテーブル、それに一人掛け席が4席ほどあります。
居抜きのようで、一人掛け席は壁に向かうタイプと、対面で座るタイプがありました。
ご夫婦で経営されているらしく、入店すると案内してくれますが、私の訪問時は注文が立て込んでいたらしく、案内してもらえませんでした。
(水もラーメンと一緒に運ばれてきたくらい)
最近はまぁ入店しても気づいてもらえないことが多いので、とくに気になりませんでしたけれども。

 

この日は雨だったためか、店内がかなり冷え込んでいました。
はいってすぐのカウンターに座ったこともありますけど、足元が寒くて寒くて。
ラーメン売るためにわざと空調入れてないのかな?とか邪推してしまいました。

【メニュー情報】


メインメニューは味噌。
味噌だけで複数種類あるのは味噌好きとしてたまりません。
それにつけ麺や、醤油ラーメン、辛さの地獄ラーメンがあります。
皆味噌を頼むのが普通かと思いきや、醤油ラーメン頼んでいる人が多い印象でしたね。

【今回の注文】

今回は奇をてらわず濃厚北海味噌ラーメンを注文。
南蛮味噌ラーメンも気になりましたが、内容が分からないのと、まずはやっぱり基本ということで。
お値段750円(税込み)

【食べてみての感想】


こちらが濃厚北海味噌ラーメン。
スープの上には炒め野菜と、チャーシュー、メンマ、コーン。


麺はちぢれ気味の中麺。

 

食べてみると、麺からはかん水の匂いがします。
学校給食のソフト麺を思い出します。
「あじはなラーメン」で食べたかん水の匂いのする麺は臭くてきつかったですが、ここのは本当に口に入れる瞬間だけですし、臭いわけではないので問題ありませんでした。

 

ネットのクチコミなどで濃厚と聞いていましたけど、スープ自体は異常に濃い味付けではないです。
さっぱり系ではないものの、スタンダードな感じ。
最近のチルドの味噌ラーメンもこのような味なので、抵抗感を覚える人は少ないでしょう。
味のイメージとしては「れんげ」の味噌ラーメンに近い。
こちらのお店も富士吉田が発祥らしいので、そのあたりで似ているのかもしれません。
熱々なので、その点は嬉しいですね。

 

表面には見えませんが、具材にはそぼろ肉も入っていました。
もっともダマになっていたのでこのあたりは人によって評価下げの要因になるかもしれません。
でも、味噌ラーメンにひき肉は相性良いので、あって困るということはないかな。

【まとめ】


完食。

 

悪くなかったです。
もっとも私の場合、味が似ている「れんげ」が最寄りにあるので、足を延ばしてここまでくることにはならなそう。
逆に「れんげ」が近場にないなら十分選択肢になりますね。
次回は南蛮味噌ラーメンを試してみようと思います。

 

関連ランキング:ラーメン | 勝沼ぶどう郷駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください