【らーめんテラス好吃】広東麺―etc 2020.3/21

Pocket

この日訪れたのは「らーめんテラス好吃」。
職場から逆方向、家からも離れているのでなかなか行けないけど、一番好きなラーメン店。
元々は塩山にあったシルクの中に入っていたラーメンランドが独立したお店です。
でも県内で表彰実績もある実力のある店主ですので、元チェーン店と侮ることなかれ!


住所は山梨県山梨市南866-2
万力公園を塩山方面に進んだちょっと先。
同じくラーメン屋の「えのきや」の先にありますヨ。

【駐車場】

 

店舗前に6台ほど停められます。
入り口側まで置けるようになっていたので以前より置ける台数が増えた感ありますね。

 

【店内の様子】


カウンター席が4席、それに4人掛けのテーブル席が4組。
それから小上がりの席が4組あります。
ただ、今は小上がりの席は使われていないみたいです。
持ち帰りの餃子もやっていないみたいですし、人手不足なのかな?

 

【メニュー情報】

 


ラーメンあります、定食あります。
あとはラーメン屋的なおつまみになりそうなサイドメニュー。
この赤色と黄色のメニュー表みるとおちつく~

 

【今回の注文】

今回は…というかここにくると決まって食べるのが広東麺
他のメニューは正直それほどでもないと思うのですが、広東麺だけは絶品。
ここで広東麺の美味しさを知り、それ以来広東麺以外を頼んだことは数えるほどしかありません。
ここで広東麺以外を食べるやつはもぐりだねとまで断言しちゃう。
お値段880円(税込み)ですよ。

あと親戚と来たので、餃子400円焼もつ550円も頼んだよ。

 

【食べてみての感想】


まずは餃子。

以前は醤油、酢以外に餃子のたれもあったんですけど、今はないんですよね。
餃子については特筆すべき点はあまりない無難な餃子です。
そこまで皮がパリパリした感じではないので、パリパリ餃子好きだとちょっと不満になるかも。


続いて焼もつ。

我が家は煮もつ派なので焼もつ食べたことがなくて、ここの焼もつ食べて、その美味しさを知りました。
でも、ある時からカットがこぶりになり(現在の形)食べやすくなったけど、何か違う感じになってしまったのです。
以前はもっと皮もパリッと焼かれていて、もっと美味しかったはずなんですが…。
今回はそれほど手が伸びなかった(汗)
前は奪い合うように食べたのに。
何か違うんだけど、何が違うのか分からない…


来ました、広東麺!
たっぷりの餡がかかっているのよね。
でも器のせいでうまうましさが足りない…
正直この広東麺には黒い器が似合うのですよ。
白い器だと安っぽくて、見た目的にマイナス評価。
20年近く食べてきてるので、ここの広東麺には厳しいのデス。


麺は中太麺かな。

食べてみると、そうそうこれこれ!…となると思ったのだけど、何か違う?
確かに餡は熱々、具材もバラエティに富んだ剥きエビ、白菜、ほうれん草、きくらげ、うずら、豚肉、人参、タケノコと入っている。
でも、味が何かおかしい。
もっとこう餡から甘さを感じて、それが醤油ベースのスープと絡んで、後引く美味さで、食べ終わった後もスープを飲む手が止まらないという代物だったはずなのに、甘さが感じない?
甘さと塩気の織り成す絶妙のバランスがここの広東麺の神髄だったはずなのに、それが失われてしまっている。
一体どうしてしまったんだ!?
醤油味一辺倒では神の味にならないヨ(汗)
これにはショックを隠し切れない。

 

【まとめ】

今回のがたまたまなら良いけれど、しばらく来なかった間に何だか色々と変化してしまっている気がする。
味もそうだし、使われなくなった小上がりもだし。
少なくとも自分はここの広東麺が県内No.1で、自分のラーメンランキング1位だったのに、この味ではその順位を変動させざるをえないくらいの衝撃。
本当にどうしちゃったの。
不味いわけでもないし、嫌いにもなったわけでもないし、ただただあの味が失われたのではないかと不安。
また来るけど、その時は味が戻っていると良いな。
ちょっと過去の自分の記録見て、自分の認識が間違ってないか振り返ってみようと思います。

関連ランキング:ラーメン | 東山梨駅山梨市駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください